【このビジネスで成功できる】令和時代を生き残る起業アイデア5選

2020年9月6日

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

1x1.trans - 【このビジネスで成功できる】令和時代を生き残る起業アイデア5選

「起業したいけど、いいアイデアが見つからない」「そもそも起業にアイデアは必要なのか?」

起業を検討している人の中には、このような疑問があるのではないだろうか。

起業は誰にでもチャンスがあるし、革新的なアイデアさえ浮かべば大成功する可能性もある。しかし、起業に最も大切と言ってもいい「アイデア」が浮かばないという人も多いだろう。

そこで、この記事では起業アイデアの見つけ方や起業方法を解説していく。この記事を読めば、柔軟な思考で起業への第一歩を踏み出せること間違いない。

起業を検討しているが、アイデアが浮かんでいない人はぜひこの記事を参考にしていただきたい。

そもそも起業とは

1x1.trans - 【このビジネスで成功できる】令和時代を生き残る起業アイデア5選

そもそも起業とは、「新しく、それまで無かった事業を始めること」と広辞苑では定義されている。これを読んでいる多くの人も同じ認識であろう。

それでは、そんな起業についてもう少し掘り下げてみよう。噛み砕いて起業を理解すれば、漠然としていた起業へのイメージが明確化されるはずだ。

1x1.trans - 【このビジネスで成功できる】令和時代を生き残る起業アイデア5選

起業に必ずしもアイデアが必要なわけではない

結論、起業には必ずしもアイデアが必要なわけではない。逆に言うと、革新的なアイデアがなくても起業して成功することはできる。

例えば世界的に有名なパソコンメーカーのヒューレット・パッカードは、当初からパソコンを作ることを目的にしていたわけではなかった。とにかくお金になるものを模索した結果パソコンに辿り着き、特にアイデアもなく起業した結果が今に繋がっている。

アイデアがないなら既存のサービスを組み合わせたり、既存のものを改善するといった方法も良い。むしろ、これだけ様々なアイデアに満ち溢れている現代社会で、全く革新的なアイデアを考えるのは、そう簡単ではないからだ。

したがって、ゼロからアイデアを考えるのではなく、既存のサービスを見直すことでも起業を成功に導けるだろう。

起業をする目的を明確化する【やりたいことorお金稼ぎ】

起業をする際に重要なのが、起業をする目的を明確化することだ。

大きく分けると、「自分のやりたいことで起業したい」のか「お金稼ぎのために起業したい」のかである。

混合されがちな両者だが、絶対に明確化しておいた方が良い。なぜなら、お金稼ぎのために自分のやりたいことで起業をしても、ビジネスとして軌道に乗らないことが多いからだ。

したがって、お金稼ぎのために起業をするなら、例え自分のやりたいこととは異なっても成功角度の高いビジネスを選ぶべきである。

また、自分のやりたいことで起業をする場合、利益を追い求めるのは難しい場合が多い。起業してから「思っていたのと違った」とならないためにも、起業する目的を明確化されることを推奨する。

成功する起業ビジネスの特徴

1x1.trans - 【このビジネスで成功できる】令和時代を生き残る起業アイデア5選

ビジネスには、ある程度「答え」のようなものが決まっている。

ここで紹介する特徴を押さえたビジネスをすることで、起業を成功させられる可能性が高まるだろう。

固定費がないor少ない

起業する上で、固定費をなるべくかからないようにするのは重要だ。

なぜなら、人件費や、家賃、電気、ガス、水道など、固定費が高ければ高いほど事業が上手くいかなかったときのリスクが高いからである。思うように利益が出なければ、それだけでどんどん赤字になってしまう。

逆に固定費がかからなければ、利益が出なくてもマイナスにはならないため、じっくり事業に取り組める。

無形商材

ビジネスで取り扱う商材には「無形商材」と「有形商材」の大きく2種類がある。

無形商材はサービスや広告、情報など形のない商材のことだ。有形商材とは、日用品や家電、衣類、食品など形のある商材だ。このうち成功しやすいのは、無形商材である。

なぜなら、有形商材はその商品を仕入れる費用や管理する費用など、先行投資が大きいことが挙げられるからだ。さらに食品のように期限があるものなら、その期限内に売り切らなければ残った分はマイナスとなる。

その反面、無形商材はこうしたリスクがなく、また実際の物を扱わないため利益率が高いのも特徴だ。

利益を追い求める起業をしたい人は、有形商材では無形商材のビジネスを推奨する。

市場自体が伸びているor未開拓

ビジネスで成功を収めるために大切なのが、市場選定だ。市場が適切でなければ、いくら分析して良い商品をつくったとしても成功するのは難しい。

縮小市場は、昔から存続する会社が小さいパイを奪い合っているため、わざわざその競争に参加するのは得策ではない。伸びている市場を選べば、需要は高く競合が少ないため、成功しやすい。

また、もしもあなたが革新的なアイデアを持っており、その市場が未開拓ならすぐに飛び込むべきだ。あなたの革新的なアイデアにより、最初はその市場を独占できることになる。

このように、参入する市場を見極めることは、起業を成功させる上で極めて重要なのだ。

起業アイデアの見つけ方

1x1.trans - 【このビジネスで成功できる】令和時代を生き残る起業アイデア5選

ここからはこの記事の本題でもある、「起業アイデア」について解説していこう。

ここでひとつ質問だが、「起業アイデアが見つからない」とお悩みの人は、漠然とアイデアを模索しているのではないだろうか。

確かに、ふと革新的なアイデアを思いつくこともあるだろうが、ここで解説する3つのポイントを押さえると、効率的に起業アイデアを見つけられるだろう。

自分の経験やスキルから考える

まずは、自分の経験やスキルから考えてみることだ。

これは多くの起業家が実践しているので、かなり再現性も高い。

例えば、あなたに着付けと英語のスキルがあったとする。着付け教室や英会話などは現在、かなりの数が世に出回っているだろう。しかし、英語を生かし外国人向けに着付けをオンラインや教室で教えれば、それなりに需要はあるのではないだろうか。

このように、自分になんらかの経験やスキルがあるなら、そこからアイデアを捻出することが可能である。

既存のサービスの改善点を考える

続いて、既存のサービスの改善点を考えることで起業アイデアに繋がる場合もある。

既存のサービスであなたが不満に感じているということは、多くの人が不満を抱いているということだからだ。

例えば、あなたが利用しているサブスクやその他サービスを想像して欲しい。あなたが完璧だと思って利用していても、よくよく考えてみると不便さを感じる部分があるのではないだろうか。

その不便さや不満を改善した新たなサービスを考えれば、立派な起業アイデアになるだろう。

また、最近流行っている「週末起業」のアイデアについて知りたい人は、以下の記事を参考にして頂きたい。

1x1.trans - 【このビジネスで成功できる】令和時代を生き残る起業アイデア5選

【令和時代に成功できる!】起業アイデアを5個紹介!

1x1.trans - 【このビジネスで成功できる】令和時代を生き残る起業アイデア5選

ここからは、令和時代におすすめの起業アイデアを5個紹介する。

ここで解説するものは、専門的なスキルを要するものから、誰にでもできるものまで紹介している。

起業アイデアの一例として、ぜひ参考にして頂きたい。

ネットショップの開設

まず、誰にでもできる起業アイデアとして、ネットショップ(ECサイト)の開設が挙げられる。

一昔前なら、ネットショップを立ち上げるのは相当な金額が必要であったし、一般人ができるものではなかった。

しかし、BASEなどの普及により、今や誰でも自分のネットショップを開設できる。

ちなみに、ネットショップを開設したら、何を商品とするかは個人の自由だ。ファッションセンスがある人なら、自作Tシャツや古着などを販売しても良いし、アイデアがないならせどりでも十分稼ぐことはできるだろう。

コロナ渦の影響でネットショッピング需要が高まっている昨今、ネットショップを開設するのは現実的な起業アイデアであると言える。

サイト製作・アプリ開発

サイト製作やアプリ開発は、独立や起業がしやすいジャンルとして有名だ。

ただ、この分野で起業するにはプログラミングスキルの習得が必須である。しかしながら、日本は今後ますますエンジニア不足が深刻化されると予想されており、今からプログラミングを学んだとしても十分間に合うだろう。

しかも、エンジニアは限られた専門職なので、ひとりで年収1,000万円超えを狙うのも夢ではない。

テイクアウト専門店

コロナ渦の影響で外食産業は大打撃を受けているが、テイクアウト専門店となれば話は別だ。

テイクアウト専門店なら飲食スペースを確保する必要がないし、スタッフも大勢雇わなくても大丈夫だろう。

予算的に厳しい場合、キッチンカーからのスタートでも良い。

Uber Eatsなど、各外食チェーンがテイクアウト事業に乗り出している昨今、飲食スペースを持たないテイクアウト専門店なら十分成功の余地はあるはずだ。

1x1.trans - 【このビジネスで成功できる】令和時代を生き残る起業アイデア5選

セミナーや教室を開く

あなたに専門的な知識やスキルがあるなら、セミナーや教室を開いてみるのも起業アイデアのひとつだ。

しかし、現在コロナ渦の影響でオフラインでセミナーや教室を開くのは人が集まりにくい現状がある。

そこで、オンラインのzoomなどを活用する。オフラインではないので参加費などは安く抑えると、初めてでもお試し感覚で参加しやすいだろう。

しかも、場所を借りずに済むので、人が集まらなかったとしても赤字になるリスクが少ない。

1x1.trans - 【このビジネスで成功できる】令和時代を生き残る起業アイデア5選

人材紹介事業

仕事を求める求職者と人材を求める企業をつなげることで、仲介料を得る「人材紹介事業」だ。正式には「有料職業紹介事業」と呼ばれ、厚生労働大臣の許可が必要である。

開業するためにある程度の資産や事務所は求められるが、人材を求めている会社は常にあるので安定して仕事を得やすい。また在庫を抱えるような商売ではないため、固定費も少なく済む。

【起業は男性だけではない】女性におすすめの起業アイデア3選

1x1.trans - 【このビジネスで成功できる】令和時代を生き残る起業アイデア5選

「起業は男性だけのもの」という考えはかなり古い。今や多くの女性起業家が誕生しており、男性以上に成功している人もいる。

そこで、女性におすすめな起業アイデアを3つ用意した。

ここで紹介するアイデアは、子育てや家事に追われていたとしても、隙間時間で稼げるものばかり。忙しい女性におすすめの起業アイデアである。

webライター

女性におすすめな起業アイデアのひとつが、Webライターだ。

Webライターとは、文字通りWeb上にある記事を執筆する仕事で、パソコンさえあれば誰でも挑戦できる。

仕事量などは全て自分で決められるので、家事や子育ての間に稼げる起業アイデアだ。

起業し、それなりの作業時間を確保できれば、月収50万円も夢ではない。初期費用はパソコンやネット環境の整備だけで、固定費も全くかからない。したがって、忙しい主婦以外でも、小さく起業してみたい男性にもおすすめである。

ハンドメイド雑貨販売

手芸などが得意な人は、ハンドメイド雑貨を自作し販売するのも起業アイデアのひとつだ。

先ほど紹介したネットショップを開設しても良いが、ある程度の売り上げが出るまでは「メルカリ」などの既存サイトを使えば良いだろう。

そこまで大きく稼げることはないが、好きなことならストレスに感じず作業できる。なにか始めてみたい女性におすすめの起業アイデアだ。

せどり

せどりは、昔から行われている起業アイデアのひとつだ。

その方法は簡単で、「商品を安く仕入れて高値で売る」というもの。

せどりに使える商品は、ブランド品・お菓子・電化製品など多岐に渡る。また、在庫を一切かかえない「無在庫転売」を行えば、在庫を抱えるリスクがないので赤字になることも少ないだろう。

手軽に起業を体験してみたい人は、検討されてみてはいかがだろうか。

アイデア構築→起業までをステップ毎に解説

1x1.trans - 【このビジネスで成功できる】令和時代を生き残る起業アイデア5選

ここからは、あなたが実際に起業をする場合の流れをステップ毎に解説する。

基本的な起業までの流れは以下の通り。

  1. 起業目的を明確化
  2. 起業アイデア構築
  3. 開業資金や資金調達方法を模索
  4. 開業

【ステップ1】起業目的を明確化

「起業する!」と思いたったら、まずは起業目的を明確化する。

先ほども解説したが、起業をするときは「自分がやりたいことをする」のか「お金儲けのために起業する」のかが重要だからだ。

【ステップ2】起業アイデア構築

起業目的が明確になったら、起業アイデアを構築する。

ここでは、先ほど解説したアイデアを考える際の3つのポイントを押さえて頂きたい。

【ステップ3】開業資金や資金調達方法を模索

アイデアを見つけ起業ビジネスが定まったら、開業資金や資金調達方法を模索する。

開業資金はあなたが起業するビジネスによって異なる。例えば、飲食店の場合だと、物件取得費用・店舗投資・運転資金など、多くの開業資金が必要になる。

しかし、事業によっては開業資金がほとんど掛からない場合もあるだろう。

開業資金と資金調達方法については、次の記事を参考にして頂きたい。

【ステップ4】開業

資金調達が上手くいけば、いよいよ開業となる。

ここからは、1日でも早くビジネスを軌道に乗せられるようにすることが重要だ。

まとめ:失敗を恐れず起業に挑戦すべき

1x1.trans - 【このビジネスで成功できる】令和時代を生き残る起業アイデア5選

今回は、起業アイデアの見つけ方や、参考となる起業アイデアを解説した。

おさらいしておくと、

  • 革新的なアイデアがなくても起業で成功することは可能
  • 起業する際は、目的を明確化する
  • 固定費がない・無形商材・市場に伸びしろがあるビジネスに参入する
  • 起業アイデアは、自分の経験や既存のサービスから見つけられる

起業は、ごく限られた一部の人にしかできないものではない。この記事を読んでいるあなたにも平等に成功するチャンスはあるのだ。

「起業したいけど、アイデアがない」とお困りの人は、ぜひこの記事を参考に起業アイデアを見つけて頂きたい。

監修税理士・公認会計士からのコメント

近年、コロナ渦の影響でテレワークや週末だけの起業が増加傾向にあります。
起業は限られた人にしかできないものではありませんし、アイデアさえあれば誰にでもチャンスがあります。
ぜひ、素晴らしいアイデアを発見し、起業にチャレンジしてみてください!

2020年9月6日起業準備

Posted by shiorisakata