【ステークホルダーとは?】正しい使い方からマネジメントまで徹底解説!

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

1x1.trans - 【ステークホルダーとは?】正しい使い方からマネジメントまで徹底解説!

「ステークホルダーを重視した企業経営をしよう」「ステークホルダーの理解を得られるように」など、さまざまなビジネスシーンにおいて耳にする機会が多い「ステークホルダー」という言葉。正確な意味は知らないという方も多いのではないだろう。ステークホルダーは使用される状況によってその意味合いが異なってくるので、正しい意味や使い方をしっかり理解しておきたい。そこで今回は、経営者の方に向けて「ステークホルダー」の概要から正しい使い方、具体例、ステークホルダーマネジメントまで網羅的に解説していく。

この記事を読むメリット

  • 「ステークホルダー」という経営者必携ワードを正しく使えるようになる

そもそも「ステークホルダー」とは?

ステークホルダーとは、企業が活動を行うことで影響を受ける利害関係者のことを指す。英語では「stakeholder」と表記し、「杭」「掛け金」「利害関係」「関与」などの意味を持つ「stake」と、「所有者」「保有者」「入れ物」などの意味を持つ「holder」を掛け合わせた言葉である。ビジネスにおいてのステークホルダーは株主、経営者、従業員、顧客、取引先といった分かりやすいものだけではなく、非常に幅広い。

ステークホルダーの正しい使い方は文脈によりけり?

ビジネスにおける利害関係者を意味する、ステークホルダー。ビジネスにおいて利害を生み出す関係は非常に幅広く、ステークホルダーという言葉の対象も幅広い。以下がその一例である。

  • 消費者、顧客、ユーザー
  • 社員、従業員、スタッフ、現場作業者
  • 仕入先企業、メーカー、サプライヤー、加工業者
  • 取引先企業、卸問屋、代理店、小売店、お得意様
  • 株主、機関投資家、個人投資家、海外投資家、債権者
  • 金融機関、銀行、保険会社
  • 関連企業、親会社、子会社、グループ会社
  • 協力企業、提携企業、下請け会社、ビジネスパートナー
  • 同業他社、競合他社、競争会社、ライバル店
  • 運送業者、配送業者
  • 地域経済、地域社会、地域住民
  • 行政機関、政府、地方自治体、税務局、政治家、議員
  • NPO、NGO
  • 地球環境、グローバル社会、次世代
  • 業界団体、教育機関、研究機関、報道機関、マスコミ

主にこれらを総称してステークホルダーと呼ぶこともあるが、一部を対象とする際にも使われる。ステークホルダーという言葉の持つ意味合いは、使われる文脈によっても異なる。例えば企業全体に関わる課題について話している場面では、利害関係者すべてを総称していることが多い。話題が融資についてならステークホルダーは金融機関を指している可能性が高く、工場の移転や地域イベントに関する話題であれば地域住民をステークホルダーと指している可能性が高い。このように、ステークホルダーという言葉が持つ意味は話の内容によって異なり、文脈から大体の意味を予想できる。「この話題の主語は何か」を意識しながら聞くと、ステークホルダーが誰のことを意味しているのかを理解しやすい

「ステークホルダー」と使う具体例

1x1.trans - 【ステークホルダーとは?】正しい使い方からマネジメントまで徹底解説!

ステークホルダーは文脈によってその意味合いが異なるとご紹介したが、具体的にどのように使うのか分からない方も多いだろう。そこでここでは、「ステークホルダー」と使う具体例を解説していく。

従業員を指すステークホルダーの例

  • 「ステークホルダーを重視した企業経営を目指す」
  • 「組織がステークホルダーに対する責任を果たすのは当然のことだ」
  • 「ステークホルダーが積極的に発言することにより、企業の構造変化を促すことができる」

従業員は、活動規模や活動内容に対して直接影響を与えるステークホルダーである。また、直接的な関わりのない従業員の家族もステークホルダーの一部。こうした一時的、もしくは間接的な利害関係にある人々や団体を、「間接的ステークホルダー」という。

株主を指すステークホルダーの例

  • 「企業のIR活動において、ステークホルダーに対する事業活動の説明責任が高まっている」
  • 「今度の株主総会では、ステークホルダーの理解を得られるようにスピーチの内容を検討しよう」
  • 「ステークホルダーと常に情報を共有することで信頼関係を構築しよう」

株主は、企業の経営において大きな影響力を持つ存在である。株主総会などを話題にしているなら、ステークホルダーは株主を指すことが多いだろう。また、株主を指す言葉としてはステークホルダー以外に「ストックホルダー」「シェアホルダー」などもある。混同されがちだが、「ストックホルダー」とは純粋に株式の所有者のこと、「シェアホルダー」は持ち株比率が高く、企業に影響のある大株主のことを指す。

消費者や顧客を指すステークホルダーの例

  • 「企業のPR活動は、ステークホルダーに直接、訴求できるSNSが近年重視されている」
  • 「企業経営者の想いをステークホルダーに向けて発信することが大切だ」

消費者や顧客を指すステークホルダーの例

  • 「企業のPR活動は、ステークホルダーに直接、訴求できるSNSが近年重視されている」
  • 「企業経営者の想いをステークホルダーに向けて発信することが大切だ」

経営者が従業員に向けてステークホルダーに発言したなら、顧客やクライアントを指していると予想される。

広くステークホルダーを指す使い方の例

  • 「業績が好調であることについて、社長はステークホルダーに感謝の意を示した」
  • 「今後はステークホルダーを重視した経営を意識していく」
  • 「新製品のPRは、消費者以外にも、自社の従業員や取引先など身近なステークホルダーも対象である」

業績向上のためには、株主や顧客、販売店などさまざまな人の力が必要となる。時には周囲の関係者の意見にも耳を傾けることも必要だ。特定の人を指すのではなく、こうした存在すべてを「ステークホルダー」と指している例である。

近年使われ始めたステークホルダーマネジメントとは

ステークホルダーマネジメントとは、事業のステークホルダーに参画意識を促し、協力者へと変えていくことである。事業と利害関係があったとしても、実際には参画意識が低かったり、プロジェクトに対して反対意見を抱いていたりするステークホルダーも中にはいる。こうしたステークホルダーを協力者へと変えることで、予期せぬトラブルを防ぎ、事業の成長をさらに加速することができる。ステークホルダーマネジメントの大まかな流れは、以下のとおりである。

  1. ステークホルダーを洗い出す
  2. ステークホルダーの関わり方を明確にする
  3. ステークホルダーとのコミュニケーションを適切に行う

それぞれのステップについて詳しく解説していく。

①ステークホルダーを洗い出す

まずは、事業もしくはプロジェクトに関わるステークホルダーをすべて洗い出す。直接関わる経営者や従業員、取引先はもちろん、外注先の企業、クライアント、従業員の家族などのステークホルダーも漏れなく洗い出そう。このときに、直接的ステークホルダーと間接的ステークホルダーを区別しておくと、後のステップで整理しやすい。

②ステークホルダーの関わり方を明確にする

次に、ステークホルダーとの関わり方を明確にしていく。その事業についてどのような権力・権限を持つのか、関心度はどうか、どのような影響を持つか、それぞれのステークホルダーについて考え、分類していく。こうすることで、コミュニケーションの内容や頻度、関わり方を体系的に整理できる。

③ステークホルダーとのコミュニケーションを適切に行う

実際に事業やプロジェクトの進捗に合わせて、ステークホルダーとのコミュニケーションを適切に行う。ステークホルダーのグループごとにタスク管理ツールを使い分けたり、頻度を調整したりすることで、ステークホルダーの理解を得て協力してもらいやすくなる。

まとめ/監修税理士・公認会計士コメント

今回は、経営者の方に向けて「ステークホルダー」の概要から正しい使い方、具体例、ステークホルダーマネジメントまで網羅的に解説した。これからのビジネスは、ステークホルダーに対する理解と信頼構築が不可欠である。ステークホルダーの範囲は非常に幅広いため、どのステークホルダーとどのように関わっていくのかを検討し、適切なコミュニケーションをとっていかなければならない。

起業準備

Posted by shiorisakata