起業家必見の早めに作っておきたい【法人クレジットカードとは?】

2020年8月4日

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

これから起業する方、すでに起業している方にぜひ作ってほしいのが法人クレジットカード。経費管理やサービス特典など、経営に役立つメリットが数多くある。そこで今回は、法人クレジットカードを持っておくメリットや審査の状況、おすすめのクレジットカードなどを網羅的に解説していく。

本記事を読むメリット

  • 創業初期から法人クレカを持っておくべき理由がわかる
  • 法人クレカの審査の厳しさやおすすめの会社がわかる

法人クレジットカードとは?

法人クレジットカードとは、企業や個人事業主に対して発行されるクレジットカードのこと。大企業向けの「コーポレートカード」と中小企業や個人事業主向け「ビジネスカード」の大きく2種類に分類される。利用限度額が個人用のクレジットカードに比べて高く、支払い口座に会社名義の法人口座を指定することができる。また従業員用の追加カードが発行可能で、会社の経費管理に役立つ。起業したら1枚は持っておきたい。

法人クレジットカードのメリット

法人クレジットカードを持つことで得られるメリットは多い。ここでは、具体的なメリットをいくつかご紹介する。

経費処理の効率化

法人クレジットカードを活用することで、経理業務の効率化を図れる。支払いを法人クレジットカードで一本化することによって、引き落とし日が固定され、キャッシュフローの計算がしやすくなる。クラウド会計ソフトと連携させておけば、経理精算の手間が省ける。

クレジットカードによっては、一定期間に支払った経費をレポートの形で報告してくれるサービスもあるため、活用することで費目ごとの仕分けや利用用途のチェックが簡単に行える。経費に無駄がないかも一目瞭然になり、経費の削減に役立つ

資金繰りに活用可能できる

創業期はさまざまな支出があり、軌道に乗るまでは目先のお金が足りないこともあるだろう。事業を進める中で、急に大きな支出が必要となることもある。そんなときに支払いを法人クレジットカードにすることで、資金繰りに活用できる。支払いが翌月以降に延ばせるので、猶予を作ることができる。

ビジネスシーンでのさまざまな支払いに対応できる

会社を経営していると、大きな額の支払いをすることも多い。法人カードは個人カードに比べて利用限度額が大きいため、特に上限を気にすることなく支払いできる。個人カードだと大きな額を支払った際に不正使用を疑われて確認の電話が入ることもあるが、法人カードはそういった煩わしさからも解放される。さらに法人口座からの引き落としが可能なため、光熱費やインターネットでの注文などを法人カードに一本化して振り込みや代引き手数料を節約できる。利用に応じて高い還元率でポイントが付与されるカードも多いため、お得にマイレージサービスを受けられる。社員の福利厚生に活用するのもひとつの手だ。

1x1.trans - 起業家必見の早めに作っておきたい【法人クレジットカードとは?】

法人クレジットカードの審査はきびしい?

1x1.trans - 起業家必見の早めに作っておきたい【法人クレジットカードとは?】

個人用のカードと同様、法人クレジットカードにも審査がある。しかし利用限度額が高い法人クレジットカードは、貸倒れを防ぐために個人用よりも厳しく審査される。カード会社にとっては与信枠をしっかり用意しなければならず、上限までめいっぱい利用した状態で倒産されると回収できないために大きな損失となる。法人クレジットカードの審査で重視されるのは、事業歴と黒字経営かどうか。業績が悪いと、貸倒れリスクは高くなるため審査の評価は低くなる。固定電話を引いたりホームページを作ったりして、事業を実際に行っていることを証明し、信用を高めよう。

創業初期におすすめの法人クレジットカードは

起業して間もない会社は、実績がないため信頼材料が少なく、法人クレジットカードが作りにくいと言われている。そのため、創業初期に法人クレジットカードを作るなら、審査に通りやすい会社を選ぶのが大切だ。審査対象が法人ではなく法人代表者になっている会社を選べば、代表者の個人信用情報に問題がない限りは審査に通過する可能性は高い。公式サイトに創業初期でも申し込みできる旨が記載してあれば、より安心して申し込める。審査の通りやすさと特典、年会費などをふまえて、創業初期におすすめの法人クレジットカードは以下の通りだ。

  • 三井住友forOwnersクラシック
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス
  • JCB法人カード
  • Orico EX Gold for Biz M

三井住友forOwnersクラシック

審査通過率が高く、公式サイトにも「スタートアップ企業の申し込み可能」と記載してあるため創業初期でも安心して申し込める。初年度の年会費は無料で、2年目以降はランクによって異なる。旅行傷害保険や優待サービスなどさまざまな付帯サービスもある。

https://www.smbc-card.com/camp/bs_owners/index.jsp

アメリカン・エキスプレス・ビジネス

法人ではなく法人代表者を審査するため、起業したばかりでも審査に通過しやすい。ゴールドの年会費は初年度は無料、2年目以降は31,000円。若干高めだが、ステータスが得られてかつポイント制度も充実しており、年会費以上に大きなメリットがある。

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/gold-business-corp-card/?ieep=03PR1899&sourcecode=A0000EXJEX&sourcecode1=A0000EXJEX&CPID=100316734&AFFID=3346673&VEID=xamexYiQfX_MqDAB3EqjjChUA17sBUAA

JCB法人カード

会社設立直後でも審査を通過しやすく、追加カードの発行枚数に制限がないため、社員にも所持してもらえる。ETCカードの複数枚発行や年会費も無料なので、出張の際の交通費なども経費として計上しやすい。初年度は年会費無料で、2年目以降は1,250円~。ポイント還元率0.5%のポイント制度もあり、ビジネスシーンで活躍する。

https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/corp/standard3/?13241253135100&ad_id=cojp_hospc_hkk_2016g_hos0555&utm_medium=hkk__hos_j&utm_source=hos___j&utm_term=g_hos0555__hkk__j&__cribnotes_type=jn&__cribnotes_pid=304515&__cribnotes_et=1603652423&__cribnotes_sid=1y6xhure&__Spa___cx=ML+fybV2j4V5NnOJRHg3tmvlOtwUvbr82V2e05+Kre6SS+xdnbK6N26AKKev6Xyp&___Spa___cd=JAN%3A2357%3Acee3dac9-eef7-45ce-a5b7-c35c2e484680

Orico EX Gold for Biz M

本人確認書類のみで申し込めて、創業初期でもスムーズに作れる法人カード。初年度の年会費は無料、2年目以降も2,000円と格安ながら、ポイント還元率が非常に良い。ポイント還元率は通常でも0.6%、前年度に年間200万円以上利用すれば、さらに1.1%にまでアップする。

https://www.orico.co.jp/cardorder/lp/af/exbiz/index.html?banner_id=dgaf_ex

1x1.trans - 起業家必見の早めに作っておきたい【法人クレジットカードとは?】

法人クレジットカードを早めに作っておくべき理由

起業して間もないとカード審査に通るのは難しいと言われるが、それでも早くに作っておくことに越したことはない。ここでは、法人クレジットカードを早めに作っておくべき理由をご紹介する。

お金の公私の区別がしやすい

会社設立した当初は、細々した経費が発生しがち。こうした経費を個人のカードから支払っていると、後々それぞれの支払いが私的なものなのか仕事のものなのか分からなくなってしまうことが多い。早めに法人クレジットカードを作ることで、支払い時に公私の区別をつけやすい。経費の状況も明細ですぐに確認できるため、経費処理の効率化を図れる。

事業に役立つ特典を利用できる

法人クレジットカードには、カードによって多種多様なサービスが付帯する。例えば無料の経営相談、コストの改善レポート、税理士・社労士への無料相談サービスなどがある。創業初期は特に、どのように経営を舵取りしていけば良いか悩む経営者も多いだろう。そんなときに活用できるサービスも数多くある。

会社の信用力があがる

まだ実績の少ない創業初期の会社は、「いかに会社を信用してもらうか」が大きな課題となる。法人クレジットカードを発行することで、カード会社の入会審査をクリアしたきちんと会社であることを証明でき、信用力のアップにつながる。取引先からしても、クレジットカードでの支払いであれば確実な入金が見込めるため、創業初期の会社でも安心できる。

1x1.trans - 起業家必見の早めに作っておきたい【法人クレジットカードとは?】

法人口座は開設済み?

創業初期の起業家は、法人クレジットカードと共に、法人口座も開設しておきたい。法人口座とは、個人名義ではなく会社を名義とした銀行口座のことである。法人クレジットカードは法人口座からの引き落としが可能なことが多い。

法人クレジットカードは、審査に通ってカードが手元に届くまでに時間がかかる。法人口座を先に開設しておけば、法人口座に紐づいて発行してもらえるデビットカードをしばらく代用として使うこともできる。

税理士・公認会計士コメント

2020年8月4日税務サポート

Posted by shiorisakata