会計記録_仕訳作成

2020年4月10日

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

こちらでは「仕訳作成」タブの操作方法について解説しています。

「仕訳作成」では ①仕訳データの作成、②仕訳データの確認、③CSVダウンロードができます。

①仕訳データの作成

会計記録エクセルのアップロードや10bookで直接伝票を入力または削除した場合に、10bookで仕訳として認識させるために仕訳データに変換する必要があります。

仕訳データの作成は仕訳データ変換をクリックし、確認画面のOKをクリックすることで完了します。

1x1.trans - 会計記録_仕訳作成
1x1.trans - 会計記録_仕訳作成

②仕訳データの確認

10bookに仕訳として認識されているデータを確認することができます。

仕訳データの確認は、仕訳データ表示をクリックすることで下に表示されます。

1x1.trans - 会計記録_仕訳作成

③CSVダウンロード

仕訳データをCSVデータとしてダウンロードすることができます。
また、弥生会計ソフトに簡単に仕訳データを移せるように、弥生会計インポート用のCSVデータもダウンロードできるようになっています。

CSVデータのダウンロードはCSVダウンロードもしくはCSVダウンロード(弥生会計)をクリックすることによってダウンロードすることができます。

1x1.trans - 会計記録_仕訳作成
1x1.trans - 会計記録_仕訳作成