入金管理

2021年10月23日

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

1x1.trans - 入金管理

入金管理では、得意先からの入金状況が確認できます。

入金管理 画面の見方 

1.[経営管理][請求管理]から、[入金管理]タブをクリックします。

1x1.trans - 入金管理

2. [入金管理]画面が表示されます。

1x1.trans - 入金管理

❶ 検索画面
条件を絞って表示することができます。

❷ 取込データ
CSV取込とAPI連携どちらかで取り込んだのか確認できます。

❸ 入金情報
銀行などどこから入金されたのか確認できます。

❹ 得意先情報
入金された得意先が表示されます。

❺ 入金取込API ボタン
API連携データを入金管理へ取込めます。

❻ 削除 ボタン
☑を入れて削除できます。

1x1.trans - 入金管理

以上で入金管理の画面説明は終わりです。

データ連携 

CSV取込やAPI連携で簡単に入金データを取り込めます。

CSV取込

エクセルにまとめた入金データをCSV形式でアップロードできます。

1. [入金管理]画面より、下へスクロールすると[操作手順]が表れます。

1x1.trans - 入金管理

2. [入金用CSV]または[サンプル付きCSV]をダウンロードします。

1x1.trans - 入金管理

3. ダウンロードしたExcelを開きます。

1x1.trans - 入金管理

4. (A~E列) 項目を入力します。

1x1.trans - 入金管理

※ (E列) 備考は、空欄でも可能です。
※[サンプル付きCSV]をダウンロードした場合は、サンプルを削除します。

5. 任意の場所に名前を付けて保存します。

6. [ファイルを選択]から手順5のデータをアップロードします。

1x1.trans - 入金管理

7. 以下の画面が表示されます。問題なければ[登録]をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

※補助科目マスタに登録がない場合は、補助科目マスタに登録をおこないます。
補助科目マスタの登録方法はこちら

8. 補助科目マスタの登録をおこなわずに進むと、以下の画面が表示されます。

1x1.trans - 入金管理

9. [入金管理]に戻り、アップロードしたデータが一覧に反映されます。

1x1.trans - 入金管理

以上でCSV取込の説明は終わりです。

API連携

10bookのAPI連携機能を活用すれば、データを作成せずに簡単に取り込めます。

※ネットバンキングを利用している方のみ対象です。
※10bookのAPI連携には、あらかじめシステム設定をおこなう必要があります。
 ご利用を希望される際は、別途弊社にご連絡ください。
※金融機関によってデータ閲覧可能期間が異なりますのでご注意ください。

会計記録へ連携

1. [会計記録2.0][金融期間連携]をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

2. [金融機関連携メニュー]をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

3. [取引口座状況]をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

4. 同期する口座情報に☑を入れ、[確定]→[データ確認]をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

※API連携では、お客様ご自身で初回と定期的に[Moneytree連携]を設定をおこなっていただきます。そちらの設定が済んでから以下の手順へお進みください。

5. [取引データ確認]画面になり、[連携データ編集]をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

6. [連携データ編集]画面になり、連携データの内容を確認します。(編集方法は図参照)

1x1.trans - 入金管理

7. 問題なければ[会計記録連携]をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

8. 10bookの会計記録にAPI連携したデータが反映されます。

以上で会計記録へのAPI連携の説明は終わりです。

入金管理へ連携

API連携から入金管理への取込方法についてご説明します。

1.[経営管理][請求管理]から、[入金管理]タブを開きます。

1x1.trans - 入金管理

2. 「入金取込API」をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

3. 取込みたい行にチェックを入れ、「取込実行」をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

4. 以下の画面が表示されます。問題なければ[登録]をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

※補助科目マスタに登録がない場合は、補助科目マスタに登録をおこないます。
補助科目マスタの登録方法はこちら

5. ※補助科目マスタの登録をおこなわずに進むと以下の画面が表示されます。

1x1.trans - 入金管理

6. 取込が正常におこなわれると、「〇件取り込みました。」と表示されます。

1x1.trans - 入金管理

以上で入金管理へのAPI連携の説明は終わりです。

その他(補助科目マスタの登録)

CSV取込やAPI連携で初めて取り込む得意先は、補助科目マスタの登録をおこないます。

例えば、API連携データが「カブシキカイシャスズキ」となっている場合、補助科目マスタ登録をしておくと自動的に「株式会社鈴木」に変換してくれます。

補助科目マスタに登録をしておくことで、取込後に毎回科目を編集する必要がなくなります。

補助科目マスタの登録方法

1.CSV取込またはAPI連携データをアップロードすると、以下表示されます。

1x1.trans - 入金管理

2. [補助科目マスタ変換]をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

3. [補助科目変換マスタ]画面になり、[追加]をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

4. 行追加されるので、[補助科目]に変換前の名称、[変換後の補助科目]は変換後の名称を入力します。

1x1.trans - 入金管理

5. [登録]をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

6. 手順1の画面に戻り、[登録]をクリックします。

1x1.trans - 入金管理

7. 科目変換されてデータが取り込まれます。

1x1.trans - 入金管理

以上で補助科目マスタの登録説明は終わりです。